HOME > Blog >

irogamichiru_600

絵本で「画家」というのがあります。(とてもオススメです)
M・Bゴフスタイン
翻訳 谷川俊太郎

そのなかの一説に
「画家は絵の具を歌わせようとする」とありました。

これを見たとき、
私は羊毛や布で歌をかなでよう、と思いました。

ここ最近、いきづまって仕事のやりとり以外手がとまってました。
ギューと内側をみつめなおした結果、
いろんな色でいろんなものをつくりたい。
と、自分のものつくりの原点を思い出しました。

色々しだすと何をしたい人なのか分からなくなるから、
フェルトだけで作っていこう。
と勝手に制限かけていました。
やるならば、もっと認知されてからの方が良いだろうって。
職人への憧れが強いので、
色々やってると浅く見えるんじゃないかな?とも思ってたのです。

でも、本音はいろいろやりたいんだと気づきました。
これに気づけたときとても楽になりました。

じつは、展示とかでフェルト以外の素材で
小物や装置をつくってるときの方が楽しいのです。
なんせ早く形になるのが嬉しいし、体も楽だし。

でも、フェルトも10年くらいやって、やっと好きになったので、
今まで通りメインでつくりつつ、
その他の表現技法も日記で発表していこうかなと思ってます。
いつしか仕事に結びついたらもうけものです。
いろんな物つくりで、
Yurinokoワールドみたいな展示もしたいです。

0012

というわけで、趣味でつくった絵をアップしました。
画用紙にでたらめに描きなぐって、
破いたら気持ちよいかも?とやってみました。
今思うと、SPECみたいにフワ〜と投げればよかったです。
で、また組み立て直してみようかな?と貼付けました。

私自身が、色彩の歌をうたう人になりたいな、と思ってます。
世の中は美しい色彩で満ちてます。
純粋に色の世界を楽しみたいです。

pickup

pickup

garagara-400s
森の中の自然歩道
フクロウのアクリルガッシュのイラスト
木の実を付けた木
海辺の夕焼け
海の波
ミロード・クリスマスのポスター・フェルト作家Yurinokoのサンタとトナカイのイラスト
名古屋銀行の企業カレンダー・フェルト作家Yurinokoの動物と建物のイラスト
名古屋銀行の企業カレンダー・フェルト作家Yurinokoの動物と建物のイラスト