HOME > Blog >

Yurinoko,立体イラスト,立体イラストレーター,ニードルフェルト作家・フェルト作家,フェルト作品,フェルトイラスト,刺繍イラスト,刺繍作家,絵本,雑誌,広告,カタログ広告,書籍装画,アニメーション,動画,ポスター,店舗ディスプレイ

フェルトの時はあまり複雑なポーズを作らなかったので
気づかなかったのですが、
絵の具で描いてみて、
あ、描けない!なんか不自然だと思い知りました。
専門学校時代は雑貨デザインを専攻していて
図面やデザイン画ばかりで
人物なんて描いたことありませんでした。
そこで基礎に戻ることに。

色々みているうちにyoutubeに
「アニメ私塾」という、イラストを教えてくれる動画を発見しました。
元ジブリのアニメーターのかたが講師で
癖の少ないリアルに近いタッチで教えてくれるので見やすいです。
アニメーション用なので動きが破綻しないタッチである事と、
まずは実物に近いものを描けて、そこから個性を足していけばいいとのことです。

俯瞰で見た時や、下から見上げたときの
人物の圧縮のしかた、エリの付け方、
袖のカーブの向きなど、こと細かく教えてくれます。
さまざまなシーンの描きかたを具体的かつ仕事絵として実践的に教えてくれるので
絵の勉強をしたいかたにオススメです。
「アニメ私塾」で検索して見てください。
山のように動画が出てきます。これが無料だなんて素晴らしすぎます。

動画を見ながらスケッチしていたら
「ルーミス」をかみくだいて教えているだけと言っていて、
ルーミスってなんだろう?と調べてみたら
アメリカのイラストレーターで人物画のレッスン本を出していました。
これを1冊丸ごと模写したら確実にうまくなると。
なるほど〜と、ただいまルーミスの本を模写してます。
さすがに全部は無理だなぁ。
こちの本は、英語版は著作権切れで無料PDFが配布されています。

pickup

pickup

IMG_20180205_174510-841x589
IMG_20180110_164324-841x630
umi_s
x_s
mirodo_400s
nagoya_af_400s
nagoya_hn_400 S
ca_01_s
001 2
kami 2