HOME > Blog >

Yurinoko,立体イラスト,立体イラストレーター,フェルト作家,フェルト作品,フェルトイラスト,刺繍イラスト,刺繍作家,絵本,雑誌,広告,カタログ広告,書籍装画,アニメーション,動画,ポスター,店舗ディスプレイ

お久しぶりです!
スケッチでボツになったアイデアがあって、
本当に形にできるのか気になりつくってみました。
ツリーのところの糸のあしらいがどうなるか?
スケッチの段階では想像しきれないところがありました。
太くてほつれやすい糸なので扱いにくかったのですが、
ほつれどめを塗ってなんとかなりました。

手芸の技法で絵をつくるときは、処理の仕方をどうするか、が大きな問題です。
なるべく作業感が見えないようにきれいにきれいに
と気をつけています。

頭で考えると???なことも
手を動かしてると色々思いつき
かたちになってゆきます。
手が考えるというか、体の感覚はすごいなと思います。

以前、お腹で考えるとよいとアドバイスをもらったことがありました。
現代人は頭で考えてばかりだけど、
昔のひとはお腹で考えていたそうです。
意識を下のほうに落とすそうです。
腑に落ちるとか、そういう感覚だと思います。
腸は第2の脳みそともいいますしね。

つくる時もそうですが、何かを決めるときは、なるべく
おなかや胸のあたりの感覚が気持ちのよいほう(もやっとしないほう)
を選ぶようにしています。

pickup

pickup

フェルト作家Yurinokoのねずみとチーズのイラスト
フェルト作家Yurinokoのねずみとリボンのイラスト
garagara-400s
森の中の自然歩道
フクロウのアクリルガッシュのイラスト
木の実を付けた木
海辺の夕焼け
mirodo-xmas-400
名古屋銀行の企業カレンダー・フェルト作家Yurinokoの動物と建物のイラスト